誇りと自信を持てる

フライトナースにおいては、普段は院内の救急センターで働いている人もいます。でも出動要請がかかれば、すぐにヘリに乗り込みます。そして時速200~250kmのスピードで患者を救いに行くのです。
本来はフライトナースとして感じることは、ヘリが無ければ救えない命が救えたということだったり、限られた医療機器を使用することで、処置が出来て最も早い方法で病院へ搬送出来ることにやりがいがある、ということのようです。
一般の病院で働いている時には感じられなかったやりがいを、フライトナースとして働くことにより感じている人も多いようです。でもこの仕事においては緊張状態が続くことになりますので、かなりのストレスがかかってきます。
そのストレスに耐えられるだけの強さが必要になるのです。ストレスがかかりすぎて自分自身の体調が悪くならないように体調管理をすることがとても大切になってきます。心の面のケアについても、自分できちんと行わなければいけないことになります。
つまりは心身が強くなければ出来ない仕事と言えるでしょう。その仕事をこなすことが出来る自分というものに誇りを持っている人も多いです。誇りが持てるということは、自信にもつながります。
自信があるからこそ、誇りを持つことが出来るのです。新人の頃には持てなかった自信や誇りを持ちながら、現在においてフライトナースとして活躍をしている人は、大きなやりがいを持っていることでしょう。更なる自信を持って仕事を続けてほしいと願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です