フライトナースは希少

フライトナースの人数はまだまだ少ないのが現状です。そのためフライトナースとして働くということは、自分自身が希少価値だと思っても良いわけです。本来は救えなかったかもしれない患者さんを救うことが出来た、という喜びを感じることもあるでしょう。
自分は選ばれた人材であるということから、自分自身を認めることも出来るはずです。他になかなかなる人がいない中で、フライトナースになることが出来たということが、自分にとって、やりがいとなることもあるでしょう。
誰でも出来る仕事というものは世の中には無いかもしれません。でも代わりがきかないことも中にはあるのです。フライトナースにおいては、まさにそれではないでしょうか。このナースでなければ出来ないというようなことが実際にあるはずです。
そういうことを実感しながら仕事をすることにより、今までもこれからも、フライトナースとして励んでいこうという気持ちになるように思います。そして多くのことを学び、経験を積んでいくことにより、更に優秀なフライトナースになることが出来るのです。
優秀なフライトナースになりたいという願いを持ちながら、普段から仕事を精いっぱいしている人は多いのではないでしょうか。こういう思いを持ちながら日々仕事をすることはハードではありますが、やりがいにもつながることです。そして仕事を好きになることも出来るのではないでしょうか。
自分の今している仕事を好きだと言える、それがとても大切なことだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です